【MHX】スパイクジャベリン つえーなっ!・・・最強ランスかい?w

MHX ランス

©CAPCOM

やっぽー♪ シモです(*’▽’)

モンハンクロスから出てきた新スキルの「鈍器使い」を使用したくて・・・武器作っちゃいましたぁ~(笑)

---スポンサーリンク---

これっ!!

スパイクジャベリン

MHX スパイクジャベリン

「鈍器使い」にもってこいのランスの武器。

正直、これめちゃくちゃ強いですw
漫画の「ワンピース」で例えると・・・白ヒゲくらいですねw( *´艸`)プププ

スパイクジャベリンのメリット

  • 攻撃力が凄く高い
  • ガードレイジと相性が抜群
  • 「鈍器使い」を付けてくださいって言わんばかりの切れ味ゲージw
  • ハンターランク6の僕でも作成出来てしまう武器(笑)

このスパイクジャベリンですが、やっぱりイイ所はランスの武器って所がミソですw

ランスの狩技の「ガードレイジ」と非常に相性がイイ。

ガードレイジって攻撃力に依存する狩技なので、
黄色オーラの場合、攻撃力が1.3倍
属性値を上昇する事が出来ない技なので、攻撃力が高い武器ほど威力を発揮できるんですよね(*^^)v

攻撃力の上がり方
(飯なし・アイテム使用なし)

クエストに行く前

スパイクジャベリン

素の攻撃力240

クエスト時「鈍器使い」を使用後

スパイクジャベリン 鈍器使い

攻撃力が255

240+鈍器使い(緑ゲージ+15)

240+15=255

こっからよww

「ガードレイジー!!

MHX ガードレイジ

「鈍器使い」でガードレイジ(黄色)

スパイクジャベリン ガードレイジ

331

240+鈍器使い+ガードレイジ(黄色1.3倍)

240+15×1.3=331

やべぇ~な・・・おいw

まだ飯なしとアイテムなしで この攻撃力(/ω\)
火力スキルや「力の爪」「怪力の種」とか使用すれば、まだまだ上がるぞ(笑)

このランス強すぎじゃないのかっ??w

まだランスの武器作ってない人は作ってみてください(*^^)v
作成も簡単な武器なので、手軽でオススメです!

スポンサーリンク

4 Responses to “【MHX】スパイクジャベリン つえーなっ!・・・最強ランスかい?w”

  1. つあら より:

    お久しぶりです!
    これは!強いですね〜
    4ではランスメインだったのですが、Xはランスのスタイルが決めれずほぼ使ってないです(´・ω・`)
    回避ランサーだったからブシドー使いにくいし、スキル盛りにくくて回避よりにすると他が…
    悩みますね

    • simo.mh より:

      おひさです(*^^)v
      僕は、もともとガードランサーでキャンセル突きを主体に戦っていたもので、
      体験版の始めはストライカーを使用していたのですが、時代の変化に対応しなければいけないと思いw
      ブシドーの練習をしまくっていました(笑)慣れるまで時間がかかるブシドーランスですが、個人的には1番オススメしたいスタイルです(´▽`*)
      もし僕が回避ランスを使用するなら・・・

      ストライカースタイル
      武器:スパイクジャベリン

      回避性能+1
      鈍器使い
      弱点特効

      まだスキルが盛れるなら・・・攻撃(大)や南風・北風などでもっと火力特化にするかもしれませんねw
      狩技はガードレイジと絶対回避【臨戦】は、ほぼ入れる感じでモンスターによってスキルと狩技を変えていくのかなぁ~(笑)
      やってないので・・ただの空想ですけどw

      あと白疾風防具だと武器を会心付きの武器に変えれば、非常に使いやすいスペックだと思っています(=゚ω゚)ノ
      つあらさんが気に入った回避ランサーを、ぜひぜひ作ってみてくだいさい(´▽`*)
      僕も回避ランス装備できたら、ブログに書きますね(笑)・・・たぶん今回はブシドーランスばっかりだと思うけどwww

  2. つあら より:

    いろいろ詳しく書いていただきありがとうございます!
    ランスのストライカー意外が3つき目の多段になるのがいやなんですけど、どうしてます?

    • simo.mh より:

      3突き目はX+Aボタンを同時押ししてもらうと「なぎ払い」攻撃に変える事ができますので、こちらの方が多段攻撃よりスキが少ないのでオススメです(*^^)v
      今からランスの記事を作成したいと思いますw つあらさんありがとー(*’▽’)
      僕が思うランスの考え方を書きたいと思いますので・・・少々お待ちを(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ